不動産ご購入の流れ

千葉外房,田舎暮らし不動産情報

田舎暮らし 千葉外房HOMEへ >> 不動産売買の基本知識>> 不動産購入の流れ

物件のお問い合わせ
当社ホームページをご覧頂き、気になる物件がありましたら、メールや電話等で詳しい内容をお尋ね下さい。
※お客様のご要望の無い限り、当社からお客様に電話やメール等をすることはありません。
現地案内
現地案内や内見を希望される場合は2〜3日前にメール・電話等でご希望の物件と日時・待ち合わせ場所等をご指示下さい。電車でお越しの場合は、最寄の駅までお迎えに参ります。
購入申し込み

「購入申込書」.pdf
ご覧になった物件で気に入られ、ご購入されたい場合は、担当者にご連絡下さい。
購入申込書に、ご希望条件(購入価格、代金の支払い条件、融資利用の有無、契約の日時・場所、その他の条件)とご住所・お名前をご記入と、ご捺印を頂きます。

※「購入申込書」は、お客様がご購入を希望されている旨の「意思表示」をするためと契約に向けた交渉の順位を確保するためのものです。売買契約を締結することを前提としてご記入していただきますので、慎重にご検討された上でご記入ください。「購入申込書」のご希望条件に基づき、担当者が売主様と交渉いたします。なお、当社では「申し込み証拠金」等は、お預かりいたしません。
契約の流れ
(購入申し込み後1週間か10日後位)

重要事項説明の例

実物重要事項説明書」.pdf







売買契約締結の例

実物売買契約書」.pdf


「物件状況確認書」.pdf
買主様のご希望条件と売主様のご希望条件が合意されましたら、日にちを決めて売買契約締結となります。


物件の内容・権利義務・法令による制限等を書面によりご説明します。宅地建物取引主任者が説明を行います。
分からないことは、何なりとご質問下さい。
重要事項の内容を十分理解して頂いた上で契約ということになります。

※当社では出来るだけ事前に重要事項説明書を買主様にお渡しして、目を通して頂き、契約に臨んで頂くようにしております。


売主様・買主様が明記され、所在・面積・築年数・契約条件・解除などについて細かく記入されています。
買主様・売主様の双方が納得し、記名・押印のうえ、契約書をそれぞれ所有します。

この物件の付帯設備表で売主様・買主様が置いて行く物、持って行く物の確認や物件状況確認書で過去のこの物件の状況を売主様から告知を受けます。

記名・押印後、売主様へ手付金を交付していただきます。手付金は、後日売買代金の一部に充当されます。
 手付金の額は購入申し込みの際ご提示頂いた金額となります。(通常売買金額の5〜10%位です)
 手付金の授受が終了し売主様から領収書を受け取って、売買契約締結が完了いたします。
住宅ローンの申し込み ローンを利用される場合は、契約締結後金融機関に本申し込みをします。
本申し込みは1〜2週間で可否が分ります。

事前審査の方法もあり、その場合は購入申し込み書を提出し、売主様の了解が得られた後、金融機関に申し込みます。事前審査は1週間位で可否が分ります。この場合は審査が通ってから契約締結となります。

※田舎暮らし物件のローンの場合は、第2住宅ローンになる場合が多いようです。2軒目の住宅の融資ということで、多少融資条件は厳しくなります。
※尚物件購入の諸費用の目安は
・ローンを使われる場合は売買価格の12〜14%
(登記費用、仲介手数料、固定資産税日割負担分、ローン費用等)

・ローンを使わない場合は売買価格の6〜7% 位になります。
(登記費用、仲介手数料、固定資産税日割負担分)
決済
(契約締結後1ヶ月後位)
残金の支払い・所有権移転登記申請・物件の引渡しを同時に行うのが決済です。
   
所有権移転登記申請 売主様から買主様へ所有権の移転登記を行うため、司法書士が立会い、権利証等の書類を確認し、不備が無ければ管轄の法務局へ登記申請をいたします。 登記は1〜2週間位で完了し、新しい権利証(登記識別情報)がお手元に届きます。

残金のお支払い 売買代金から手付金・内金を差し引いた残額を売主様へお支払い頂きます。

物件と鍵の引渡し
売主様から物件の鍵を受取り、物件の引渡しを受けます。

この日から、電気、水道、ガス等の名義が買主様に変わり、費用も発生するようになります。


基本知識 | 田舎暮らし 千葉外房HOMEへ